ベストな披露宴会場の広さって?最大人数のからくりを見抜け!

この記事は、ID9です。

こんばんは。「プレ花嫁さまの側に、もう一人のウェディングプランナーを!」をモットーに活動しているウェディングコンサルタントの【jukuhana】です。


今日は、頂いたお問い合わせの中で、気になる内容があったので、お伝えしたいと思います。
【パーティ会場の収容人数について】です。

 

結婚式場を決めるポイントの1つに、披露宴会場の広さがあると思います。ゲストの人数に対して、広すぎてもさみしい感じがしますし、狭すぎるとテーブルラウンドなどの演出をするときにゲストの負担になってしまいます。

 

結婚式場見学の時には、どのくらいの広さが自分たちのゲストではベストなのか、わからなくて雰囲気だけで選んでしまうなんてこともありえます。
しかし、それでは後からゲストの人数を調整しなくてはいけなくなってしまって、本当にお呼びしたいゲストを削らなくてはいけなくなったり、逆に呼びたくもないゲストを人数調整で呼ばなくてはいけなくなったり、いいことはありません。

 

ブログをご覧いただいているみなさまにだけ、元ウェディングプランナーだから教えられる、披露宴会場の広さを見極めるポイントお教えします!

お問い合わせ内容

 

Mさん(仮)から、お問い合わせを頂きました。

 

お問い合わせ内容には、個人と結婚式場を特定する内容が記載されていたので、質問内容とお返事の引用は控えさせて頂きます。

 

お問い合わせ内容には、様々なことがありましたが、その中のひとつに決定した結婚式場の披露宴会場の広さについて気にされてることがありました。

 

お返事した内容の中にお伝えした件が、これから結婚式場を探すカップルや現在ゲストの人数を調整している方も、しっておいた方がいいことなので、お伝えしたいと思いました。

 

 

 

結婚式場の最大人数を信じると危険

 

どこの結婚式場も、必ずパーティ会場の収容人数が記載されていると思います。

 

例えば、40名~80名とか。

 

これって、本当に最大80名まで人数が入ると思うのは、大変危険です!!

 

結婚式場は、少しでも多い人数で披露宴をしてほしいのです。
人数が多い方が、結婚式場の利益があがるからです。その為、パーティ会場の、最大の人数をありえないマックス人数にしています。

 

最大8卓入る会場で、1卓10名掛けの計算で、最大80名とうたっているのです。

 

しかし、1卓10名掛けって、そうとうキツキツに詰めて座って頂かないと、無理なんですね~

 

やむを得ない場合以外は、10名掛けは、逆にゲストに失礼です。

 

ありえまえん。

 

通常は、最大で1卓8名掛けです。

 

その計算で行くと、8名×8卓で64名が、その会場でベストな最大人数になります。

披露宴会場は最大収容人数の8割の広さで考える

 

ゆとりある、パーティ会場を探すのであれば、最大収容人数の8割くらいが、ゲストの最大人数なのがベストです。

 

先ほどの例でいえば、もし、60名で検討しているのであれば、最大80名のパーティ会場は、広すぎず、狭すぎず、ちょうどいい会場の広さになります。

 

しかし、70名のゲストの人数で考えているのであれば、もうひとつ広いパーティ会場の方がゆとりある卓のセッティングや、1卓に座るゲストの人数の調整が効きやすくなります。

 

 

ゲストの人数をキツキツにしてはダメな理由

 

・ゲストが食事をしずらい
隣どおしの席の間隔が狭くなってしまうので、ゲストが席についているときに動きずらくなってしまいます。周りを気にしながらのお食事は、せっかくのおいしいお料理を楽しむ余裕がなくなってしまいます。

 

・テーブルラウンドの演出がしずらい
テーブルの間隔が狭くなるので、お2人の通り道の動線を作りずらく、お2人が通るたびにゲストに椅子を引いてもらったりしなくてはいけなくなってしまいます。

 

・ゲストが移動しずらい
お2人のメインテーブルに写真を撮りに行ったり、お手洗いにいったりするときに、沢山のゲストをかき分けていかなくてはならなくなります。

 

・結婚式自体をケチった感がでてしまう
ゲストが多いことは、それだけ交流関係が広かったり、お披露目したい大切な人が多いことなのでとても良いこと。でも、せっかくのゲストへの想いとうらはらに狭い会場にゲストを押し込めた感が出てしまうと、もっと広い会場は借りれなかったのか?人数を沢山呼んで、ご祝儀でもうけようとしてない?と変な邪推をされてしまう可能性があります。

もし結婚式場を成約後にパーティ会場が狭いと気が付いたら?

・招待状を出す前であれば、他の広い会場に変更できるか確認してみる

 

・ゲストの人数を調整する。結婚式・披露宴に呼ぶゲストと、二次会から呼ぶゲストに振り分ける

 

・どうしてもゲストを削れないなら、パーティ会場が空いていることを確認して、思い切って二部制のパーティを考えてみる。会社関係・親族をご祝儀制で一部パーティ、友人を会費制で1.5次会パーティにする。ただし、その分多少予算が増えるのは覚悟してください。ただし、一部のパーティで使った装花などを二部でも使って節約もできるので、どうしてもゲストを削れない場合はプランナーさんに相談してみてくださいね。

 

結婚式場見学の時に確認すること

 

パーティー会場の見学の際には、最大何人まで入るのか、それは、何卓入れて、1卓何名掛けの計算なのか、必ず聞くようにしてくださいね。

 

そこで、正直にベストな人数を教えてくれるプランナーさんは、好印象です。

 

もう一つ、会場の広さの目安としては、見学時にテーブルセッティングがされている卓数が、ゆとりある、そしてさみしくならない、その会場でベストな卓数だったりします。

 

結婚式場サイドは、一番いい状態でパーティ会場を見て欲しいものです。一番、見栄えがいい卓数にしている可能性が高いからです。

 

セッティングされている卓数×8名で、その会場のベスト人数を導きだしても、いいかもです。

 

最後に、最大卓数をマックス入れてしまうと、テーブルラウンドしずらかったり、キツキツ感が出てしまう可能性もあります。

(同じ卓数入れても、1卓に座るゲストの人数によっても変わります。ご参考までに~)

 

人数が多い場合は、最大卓数より、1卓2卓減らすくらいの目安でパーティ会場を選ぶことも大事ですね。

 

会場を決めた後に、ゲストの人数の調整はけっこう大変な作業になります。

 

結婚式場見学の際は、記載された最大人数ではなく、実際にセッティングされた卓数を見て、きちんと、かくれ最大人数を導きだしてくださいね。

ゲストの人数についての参考記事はこちら↓↓↓
教えて!ゲストの割合って両家でそろえないといけないの?

あるあるだから安心して!当初よりも人数が減少してしまった時の対処法

 

まとめ

結婚式のゲストの人数調整は、とても頭を悩ますものです。せっかくお2人をお祝いに来て下さるゲスト、大切におもてなししたいですよね。

 

その為にも、パーティ会場選びはとても大切です。先に述べたように、人数がキツキツのパーティ会場では、ゲストへ残念なおもてなしになってしまいます。

 

まずは、結婚式場探しの段階で、ある程度のゲストの人数把握することは言うまでもなく、後からゲストが増えても良いように、少し広めのパーティ会場を選ぶのが賢い選択!

 

もちろん今日お勉強したことを踏まえて、ゲストの隠れ最大人数を導きだすこともお忘れなく!

 

そして、結婚式場成約後のゲストの人数の確認は大切です。
結婚式場を決めた後に、ゲストのことを考えるのは招待状の作成の時になるかと思います。

 

しかし!!!

 

招待状の作成は、挙式日の三か月前から始まります。その時になって、ゲストの人数が思ったより増えちゃったなんてことになると、変更できるパーティ会場が空いていない可能性の方が高いです。なくなく呼びたいゲストを削らなくてはなんてことになってしまいます。

 

そうならない為にも、結婚式場を決めた後に、すぐに招待客のリストアップを始めましょう。

 

ゲストの人数が増えてしまった時は、早ければ早いほど、対処法の選択肢が増えますし、考える時間もあります。

 

招待客のリストアップは、とても手間がかかりますし、一番頭を悩ませるところでもあるので後回しにしてしまうカップルの方も多いですが、のちのち後悔しない為にも、早めのゲストの把握が良い結婚式への第一歩となります!

プレ花嫁さまを応援

結婚式準備で困ったことお悩みを抱えてしまったときは、お気軽にご相談くださいね♡

結婚式に必要なアイテムはかわいいくてコスパがいいのが断然いい!
かわいいすぐれもの集めてみました♡随時更新中♡

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です