何を基準に決める?結婚式場見学で合わないプランナーさんだったとき

この記事は、ID174です。

こんばんは。
「プレ花嫁さまのそばにもう一人のウェディングプランナーを!」モットーに活動しているウェディングコンサルタントの【jukuhana】です。

 

今日は、【結婚式場見学で合わないプランナーさんに出会ってしまった時の対処法】についてお伝えします。
結婚式場は気に入ったけど、プランナーさんは、あっちの結婚式場の人がいいんだよね~このテーマ、結婚式場めぐりをしていると、結構あるあるネタだと思います。

 

自分自身が、ウェディングプランナーとして働いていた時は、自社の式場は他社には負けないと思っていましたし、自分のプランナーとしての自信もありましたので、迷ったらプランナーさんで決めるべきと思っていました。

 

プランナー時代に、必ず、私たちの式場でと思った決め手はなんですか?と質問していました。割とプランナーさんできめましたと嬉しい事を、言ってくれるカップルも多く、私も当然プランナーさんで決めるんだなと思っていました

 

しかし、実際に新婦として式場めぐりをすると、迷いますね~

プランナーさんは、いんだけど、設備が軟弱だな~と思ったり、このプランナーはダメだけど、会場は気に入ってるんだよね~と。

 

そんな時、何を優先すべきか??

 

そうですね、ゲストへのおもてなしという点で、料理がおいしいか、設備が整っているのか、アクセスはいいのか、そちらを優先すべきです。

 

何故なら、プランナーには3種類います。

新規接客だけをする、プランナー。新規接客部隊から引き継いで、打ち合わせだけするプランナー。新規接客から、結婚式当日まで一貫してお世話するトータルプランナー。

 

もし、プランナーが気に入らなくても、途中で打ち合わせプランナーに引き継がれることもあります。契約時に、今後アシスタントと2名体制でお手伝いしますと言って、実際はアシスタントが打ち合わせなんて事は、ウェディング業界では常識です!!

 

本当の最終手段としては、トータルプランナーの式場でどうしてもプランナーが合わなければ、契約時にプランナー変更を申し出ても良いのですから。プランナーは、どうとでもなります。(元プランナーとしては、変わりはいくらでもいるみたいで寂しい気もしますが、これが現実です)

 

でも、設備・会場の雰囲気・ロケーションといったハード面は、その式場ならではのもので、ほかに変わりはありません。よりハード面が整った式場、そして、より料理がおいしい式場を選択すべきです!!

 

ただし、最後にこれだけは言っておきたいです。

 

設備・料理・アクセスなど、どれをとっても甲乙つけがたい場合は、やっぱり最後はプランナーで結婚式場は決めてほしいなという気持ちも、個人的な意見としては心の片隅にあります。やっぱり、最後は人と人との繋がりであって欲しいというささやかな願望です。

 

何百万というお金をかけて、最高の1日を造りだす訳ですから、どれだけ自分たちの為に尽力をつくしてくれるのか、信頼ができる人なのか、その見極めも大事ですよね

(信頼ができるプランナーの見極め方チェックなども、おいおいアップできたらと思います)

 

プランナーの視点から見るのと、プレ花嫁として結婚式場をみるのでは、こんなに見え方が違うんだなと実感したテーマのお話でした。

 

 

◆参考記事◆

第一印象が大事!ウェディングプランナーさんの見極めポイント

打合せのコツ!プランナーさんとトラブルを回避するためには?

 

 

 

 

—–

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です