結婚式のテーマって悩ましい!ベストなテーマの導き方のヒントを教えて

この記事は、ID80です。

こんばんは。
「プレ花嫁さまのそばにもう一人のウェディングプランナーを!」をモットーに活動しているウェディングコンサルタントの【jukuhana】です。

 

さて、今日は結婚式の【結婚式のテーマ】についてお伝えしたいと思います。
結婚式のテーマって、皆さん頭を悩ますところではないでしょうか??

ひと昔の結婚式では、特に結婚式のテーマ決めというものはありませんでした。いつからか、結婚式にはテーマを決めなくてはいけないという風潮が流行りだしました。

 

その理由に、テーマが決まると、それぞれのアイテムの統一感が出ること、会場の統一感がでるとゲストの記憶に残る、写真映えもする点にあると思います。

 

もちろんお2人にとっても、テーマにそってそれぞれの打合せを進めていけばいいというメリットもあります!

 

では、この難しい結婚式のテーマをどのように決めていけばいいのか、ポイントを見ていきましょう!元ウェディングプランナーの【jukuhana】がどんな結婚式のテーマにしたのかもちらっとお話ししています。ご参考にしてみてくださいね。

 

結婚式のテーマってなんで決めなきゃいけないの?

 

そもそも、なんでこのテーマを決めなくてはいけないのでしょうか?個人的には、無理にテーマを決めなくても、結婚式はできると思っています。

 

結婚式のテーマを決める一番のメリットは、結婚式に統一感がでるところだと思います。テーマにそって、結婚式の一日を造りあげると、ウェルカムスペースから、ドレス、会場のお花、もっといえば引き出物やお見送りのプチギフトに至るまで、そのテーマで染めることができます。

 

そうすると、お2人の結婚式がゲストの印象に残りやすいですからね。

 

でも、結婚式のテーマにだけとらわれないで欲しいと個人的には思います。テーマは何でもいいのですが、お2人にまったく関係ないことをテーマにしても、そこにお2人の結婚式という意味がなくなると思うからです。

 

できれば、お2人らしい何かを取り入れて欲しいです。お2人らしさ、お2人がこれまで歩んできた道がわかるようなテーマ決めをしてこそ、お2人らしい結婚式ができるからです。

 

 

一番のベストはお2人の好きなことから考える

 

テーマを決める時に、お2人のすきなことを、おのおの書き出してもいいですね。お2人で共通のすきなこと、共通の趣味などがあれば、それをテーマにするといいですね。

 

割と共通の趣味で多かったのが、夏がすきだったり、サーフィンだったり、スノーボードだったり、スポーツ観戦だったり、読書だったり、映画鑑賞だったり、ディズニーランドがすきというカップルでしたね。

 

でも、なかなかお2人共通の趣味を持ってるカップルって多くないんですよね。

 

その場合は、例えばデートでよくいく場所だったり、お2人の地元が一緒ならその地元をテーマにしたりというカップルもいました。水族館デートがすきならば、水の中のお魚・人魚の世界観をテーマにしたり、地元が浅草なので下町をテーマにしたり、逆に横浜や神戸などの海の街をテーマにしたカップルもいましたよ。

 

どこの地方だったか忘れてしまいましたが、お2人の地元の食材を使ったメニューにして、お酒も地酒を用意してなんてカップルもいました。旅行が趣味なら、旅行をテーマにしたり、よくいく海外の地をテーマにしたカップルもいました。

 

そうです!!ゲストから見て、お2人らしいなって感じる何かを取り入れることが大切になります。

悩んだときはカラーから決める

 

そうはいっても、なかなかテーマ決めって難しいな~というのが正直な皆さんの感想ではないでしょうかね?

 

そんな場合は、まずテーマカラーから決めて行きましょう!お2人の好きな色をテーマカラーにしてもいいですし、会場の雰囲気に合わせて、テーマカラーを決めてもいいかと思います。

 

例えば、淡いピンクをテーマカラーにしたら、かわいらしい雰囲気→プリンセスの世界とか。
グリーンをテーマにしたら、ナチュラルガーデン→森の中の結婚式とか。

 

テーマカラーから、逆引きしてテーマを決めていくことができます。

 

そして、サブカラーも決めましょうね。主となるカラーをサポートするカラーもきめると、会場コーディネートを考える際に、楽になると思います。

 

 

テイストから考えてもよし!

 

細かなことはあとから決めるとして、まずはテイストから決めても良いかと思います。

 

ゴージャスな感じ!かわいい感じ!ナチュラルな感じ!和のテイストで!などなど。

 

おおまかに、トータル的なイメージができれば、それにそって、お花やテーブルコーディネートを考えていけば、最終的にはイメージした会場になっていきます。

 

ウェルカムスペースや、細かな演出などは、会場を造りあげていきながら、頭にうかんだイメージに沿ってそろえて行けばいいのです。

 

季節で決めてもいい感じ

 

日本には四季がありますから、季節ごとにテーマを決めてもいいかもしれませんね。

 

春は、桜やチューリップなどの春のお花がありますよね。お花畑をイメージしたお花をふんだんにつかったテーマなど。新緑をイメージして、グリーンを基調にナチュラルガーデン風もいいです。

 

夏は、海やお祭りから始まって、夏休みからの大人の休日などのテーマも面白いかもしれません。ひまわりのお花を沢山つかうのも夏挙式ならではです。七夕の短冊をゲストに書いてもらって、ウェルカムスペースに飾っていたカップルもいました。

 

秋は、スポーツや読書や映画をテーマにしたりしてもいいですね。食欲の秋ですから、秋の食材をテーマにして料理をこだわるのもいいかも!紅葉からイメージして、あえての和テイストの会場にしてみるのも統一感でます。

 

冬は、クリスマス・お正月・バレンタインなど、イベントが目白押しなので、テーマ決めしやすい季節です。イベントが沢山あって、逆にテーマに迷ってしまいそうです。

 

 

 

テーマに固執しなくても大丈夫

 

必ず打ち合わせ前に、テーマは絶対決めなくてはいけないということもないです。どうしても、テーマが決まらなければ、打ち合わせを進めながら決めて行っても大丈夫なものです。

 

必ず、○○の世界みたいな立派なテーマを掲げなくてもいいのです。

 

ゲストにおもてなしをしたい、感謝の気持ちを伝えたいというのであれば、それがテーマでもいいんです。

 

「ゲストを飽きさせず楽しませる!おもてなしナチュラルウェディング」

 

これが、私の結婚式のテーマでした。
全然、みなさんみたいにしっかりとしたテーマではありません(笑)

 

でも、これが私が結婚式がしたかった理由なので、とにかくゲストを楽しませたいという点で、ゲストを退屈させない演出にこだわりました。会場装花とかもナチュラルテイストにして、割とシンプルにしましたね。私にとっては、会場装花やクロスの色よりも、いかにゲストを楽しませるかの方に重点をおいてました。

 

私のように、○○の世界観を無理に決めなくても、無事に満足いく結婚式はできましたのでご安心を!(笑)
テーマはお2人の気持ちで表すっていうのもひとつの案でもあります。(ご参考までに~)

 

一生に一度の結婚式だから、思いっきり○○の世界にこだわるもよし!!
そんなにテーマにこだわらず、気持ちに重きをおきてもよし!!

 

お2人らしいテーマってなんですか??

 

今後の打合せに役にたつ記事はこちらからどうぞ!

スムーズな打ち合わせの為には?結婚式場が決まったらすべきこと

打合せのコツ!プランナーさんとのトラブルを回避するためには

見積書があがらないコツ!プランナーさんの気持ちを覗いてみよう

 

—–

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です