第一印象が大事!ウェディングプランナーさんの見極めポイント

この記事は、ID34です。

こんばんは。
「プレ花嫁さまのそばにもう一人のウェディングプランナーを!」をモットーに活動しているウェディングコンサルタントの【jukuhana】です。

 

 

今日は、【ウェディングプランナーさんの見極め方】について、お伝えしたいと思います。
結婚式場見学に行って、担当プランナーさんと初めてのご対面をするかと思いますが、結婚式のプランナーさんは、信頼できる人にお任せしたいですよね。

 

だって、とても沢山の大切なお金を結婚式という一日で使う、つまりは、それだけのお金をその担当プランナーさんに託すということですから、できることならしっかりとした方にお任せしたいものです。

 

でも、残念ですがプランナーさんも人間ですから、いろいろな人がいます。結婚式のプランナーさんは、フィーリングが合うだけでなく、さらにはしっかりしている方なのか見極めることが大切です。

 

結婚式場を決める前に見極める点から、成約後にもどんなプランナーさんだったらラッキーなのか、細かく解説しています!最後に、もし、担当プランナーさんがあれれ?と信頼できそうもない場合の対処法もお伝えしています!
ぜひ、素敵なプランナーさんに巡りあえるように見極め方をチェックしましょう!

 

 

接客マナーや言葉遣い、身だしなみがしっかりしている

 

これは、当然中の当然の事ですね。

でも、プランナーの中にはいるんですよ~相手があくまでもお客様と忘れてるんじゃない?って程、なれなれしい人が!

 

 

もちろん、結婚式の打ち合わせをするうちに仲良くなっていく事はありますが、そのカップルの結婚式が終わるまでは、あくまでも大切なお客様として、適度な距離感を保つことができる人がプロです。

(本当に、仲がよくなれば、結婚式が終わっても友達としてつきあうってことも、プランナーあるある話ですからね!)

 

 

マニュアル化した会場案内をしていないか?

 

ウェディングプランナーとして、仕事を始めると初めにその結婚式場の会場の案内を覚えさせられます。そこから、各プランナーは自分なりの説明を作りだしていくのです。

そして、担当したカップルに合わせて話を変えてみたり、提案をしたりしていくものです。

 

 

これが、できないプランナーは、まだまだ新人さんの可能性が高いです。

 

 

会場の説明時に、自分たちにあった提案をしながら話しているのか?プランナーが自分の説明に酔いしれていないか?(笑)これ、要チェックです!

相手の様子をうかがう洞察力を持っていないプランナーは、提案力もないと思っていいでしょう。

 

 

 

できる事、できない事をはっきり言える

 

夢いっぱいで、やりたいことがいっぱいなのが新婦様。

同調して、気持ちを盛り上げてくれるのは、接客を受けても心地よいですよね。

 

 

しかし、結婚式場によっては、希望をすべてかなえることができない場合もあります。その時に、あいまいにごまかずのではなく、できない事はできないとはっきり言える厳しさも持ってる人は信頼できますね。なぜなら、そのうえで他の提案をできる腕を持ってる可能性が高いからです。ほかの提案ができるからこそ、できないこともきっぱりと言い切る事ができるのでしょう。

 

 

あいまいな返答しかしない人は、要注意!あとあと、トラブルの元です。結婚式場にとっても不利なことも伝える事ができ、そのうえで違った角度から提案ができる人を探しましょう~

 

 

見積書の説明を丁寧に説明してくれる

 

これ、一番重要です!!!

ぱっと見積書を見せられて、なにがなんだかわからないですよね。それを丁寧に説明するのが、プロとして当然です。できれば、見積書の項目ごとに、どのくらいの金額のふり幅があるのか教えてくれる人は親切で信頼できます。

(逆に、自分たちから金額のふり幅を聞いちゃうのも1つのプランナーチェックのコツ)

 

 

 

例えば、

「お花の金額は、平均○○円です。○○円~○○円まで、希望によって変わります」

「衣装は、お選びいただく内容によっては、追加がでる可能性が高いです」

「見積書に入ってないもので、必要になると考えられるのは○○です」

 

 

などなど、あくまでも初期見積りはベーシックな内容がほとんどですから、そこから、何が追加になって、どれくらい選ぶものによっては金額があがる可能性があるのか教えてくれる人は、後から見積書が上がりすぎてカップルが不安にならないようにという気遣いができる人です。

 

 

本当は、プランナーさんだって、内心は、見積書を高いと思われたくないもの。それを、カップルの立場にたって高い金額を教える事でできる人は、大したプロ根性だと思います。

即決を無理に迫らない

 

プランナーさんも、いわゆる営業ですから、担当したカップルには、1件でも多く成約してもらいたいものです。そこで、ぐいぐい即決を迫るようなプランナーさんは、自分の利益しか考えていないですね

 

 

プロのプランナーさんは、背中を押してほしいタイミングとそうでないタイミングを見極めるのがうまいです。このカップルは、あと1押しがほしいのかな?このカップルは、まだ他と比較したいのかな?と常に見極めができているのです

 

 

もし、まだ他と比較したいカップルであれば、無理に即決を迫りません。あえて、「ほかも見て比べてくださいね」という余裕があります。なぜなら、自社の結婚式場や提案に自信があるからです。無理に即決を迫っても、信頼関係が崩れることも熟知している熟練プランナーの可能性が高いです。

 

 

 

 

成約時にキャンセルチャージの事をきっちり説明する

 

もはや、プランナーさん確認の最後の砦ですね。

 

 

結婚式はおめでたい事ですから、キャンセルはよほどの事がないかぎりありません。しかし、親族にご不孝があったり、考えたくないけど、破談なんてことも実際にはあるのです。

 

 

万が一の時に備えて、キャンセルの事、日付変更する場合の事など、契約の事についてきちんと説明をしてくれるプランナーさんは、危機管理がしっかりしていますね。常に、きっちりしているという事は、打ち合わせ時の様々な発注事項などにも、しっかり確認を怠らない、緻密さを持ち合わせているという事です!

 

 

成約後のフォローをきちんとしているか

 

結婚式を申込みした後は、実際に打ち合わせが始まるのは、早くて挙式日の6ヶ月前くらいからですかね。まずは、衣装打ち合わせとか、成約者限定のブライダル展示会とかですかね。よりプランナーさんと具体的な打ち合わせが入ってくるのは、招待状の準備が始まる挙式日の3ヶ月前くらいですね。

 

 

早めに結婚式を予約してたカップルは、申込手続きの後、プランナーさんとしばらく連絡する事がなく不安になりませんか??

 

 

成約後の御礼の手紙は当然ですが、季節のご挨拶の手紙、ふとした時にくれるメールでも、もちろんオッケーです!まめに連絡をしてくれるプランナーさんは、丁寧な仕事をするプランナーさんですね。

 

 

皆さんが思ってる以上に、プランナーさんは1日にやることが沢山あります。1人で何組ものカップルを担当して、流れ作業的に事務仕事をこなしていかなくてはいけないこともあります。(接客は、流れ作業なんて人がいたら許せん!)

 

 

そんな中でも、まめに連絡を怠らないという事は、相当の努力と時間を費やして行っている事でしょう。それだけ、1組のカップルの事を大切に思えるプランナーさんだと言えます。

打ち合わせが始まれば、もちろんマメに連絡はくるでしょうが、成約後から打ち合わせ開始までの間に、なかなか、ここまでできるプランナーさんっていないと思います。

 

 

こんな、プランナーさんに担当して貰えているプレ花嫁さまは、かなりのラッキーガールだと思いますよ!

 

結婚式場は気に入ったけど、プランナーさんが合わない場合の対処法

 

プランナーさんも人間ですから、いろいろな人がいますよね。自分たちと相性が良くて、信頼できる人が担当だと、安心して当日まで任せられます。

 

でも、せっかく結婚式場は気に入ったのに、担当プランナーさんが信頼できない!とか、相性が合わない!といった場合は、どうすればいいのでしょうか?

 

実は、プランナーさんには、三種類います。新規営業接客だけするプランナー・打合せだけするプランナー・新規接客も打合せも両方するプランナーです。

 

まず、そのプランナーさんがどのプランナーなのか見極めましょう。直接、「最後まで担当してくださるのですか?」と聞いてみてもいいかと思います。
もしそこで、「打合せ担当と二名で担当します」と言われれば、必然的に最初にあったプランナーさんは営業担当になりますので、その後にかかわることはほとんどありません。そのまま成約してしまっても大丈夫でしょう。

 

「最後まで私が担当します」と言われた場合、その場合は、おそらく打合せもするプランナーさんなので、挙式日までのお付き合いになるかと思います。この場合、結婚式場は気に入っていて、プランナーさんだけが問題だったら、直接上の方に電話をしてその旨をつたえて、担当プランナーを変えてもらいましょう。

 

結婚式場からしたら、担当プランナーをかえれば成約がいただけるのであれば、喜んで変更をしてくれると思いますよ!担当を変更したから、最初のプランナーさんに会うのが嫌だなとか考える必要はまったくありません。
結婚式場サイドにも、なるべく打合せで最初の方にはお会いしたくないと一言つたえておけば、その後にそのプランナーさんとあうことはほとんどないかと思います!

 

せっかく気に入った会場を、プランナーさんのせいであきらめる必要はありません。ただし、プランナーさんのレベルを見て会場を決めるという方法もあるので、よくよくプランナーさんと結婚式場と比較してよりよい方法を選択してみてくださいね。

 

◆参考記事◆
何を基準に決める?結婚式場見学で合わないプランナーさんだったとき

プレ花嫁さまが、素敵なプランナーさんと出会えて、楽しく打ち合わせができますように!

 

 

 

—–

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です