本当にダメなの?持ち込みNGをどうしてもしたい時の交渉術

この記事は、ID20です。

こんばんは。「プレ花嫁さまのそばにもう一人のウェディングプランナーを!」をモットーに活動しているウェディングコンサルタントの【jukuhana】です。

 

今日は、お問い合わせ頂いた中で、【持ちこみのご友人カメラマンについて】についてお伝えします。

 

結婚式の写真にはこだわりたい!!ってプレ花嫁さまは多いと思います。でも、結婚式場の提携のカメラマンさんだと、正直いまいちなんだよな~って、あるあるだと思います。

 

その場合って、カメラマンさんを持込みで考えることもあるかと思います。でも、わりとどこの結婚式場もカメラマンさんの持込みって、すごく持込み料がかかったり、嫌がられたりしませんか?

 

結婚式場で、持ちこみを禁止されているものを、何かの事情でどうしても持込みたいことってあると思います。その場合、どのように交渉すればいいのか、今回のお返事が少しでも役に立てばと思います!

 

 

お問い合わせ

 

いつもブログを楽しく拝見しております。とても参考にさせてもらっています。

 

 

今回ご相談させていただきたいことは、カメラマンの外注についてです。夫の古くからの友人に、カメラマンを職業としている方がいます。私たちは彼に結婚式の撮影をしてもらいたいとおもっていました。

 

 

式場に相談したところ、外部カメラマンは持ち込み料以前に全て禁止していると言われてしまいました。持ち込み料を払えばカメラマンを外部にお願いできると思っていて契約の前に確認していなかった私たちも悪いのですが、やはりモヤモヤと納得がいきません。友人は式場提携の撮影会社とも契約して働いているカメラマンでもあります。(独立して自分の事務所をもっていますが…)

 

 

式までは半年以上時間があるので、少し時間をおいて再度交渉したいと思っていますが、何かアドバイスがあれば是非お願いします。

 

 

お返事

 

 

ゆりさん

 

 

こんばんは。【jukuseihanahyome】です。お返事が遅くなってしまい、大変申し訳ございません。

今、結婚式の準備の最中なんですね(*^_^*)寒い日が続いてますが、体調など崩されてないですか?

 

 

早速、ご質問ですが、【外注のカメラマンの持ち込み】についてで宜しかったですか?

ご質問内容拝見しましたが、カメラマンの持ち込み自体を禁止しているって結構厳しい結婚式場ですね。

 

 

通常は、持ちこみ料さえもらえれば、外注のカメラマンはOKのところが多いはずなんですが・・・・。なんだか、私も納得がいきません!

 

 

式場サイドとすれば、確かに自社のカメラマンの方が売り上げが立つので喜ばしいことなのですが、もし外注であれば、どこかで利益がとれればいいんです。その為、持ちこみ料がちょっと高かったりするんでけどね(>_<)

持ちこみ料が発生しても、外注のカメラマンさんの場合は、ブライズルームはNGとか、ここの場所はNGとか規制が多い場合が可能性が高いです。

 

 

私が考えるに、友人であれば、外注扱いでなくてもいいと思います。それを、【持ちこみ料以前に外注が無理】とばっさり切り捨てる式場サイドはちょっと冷たい印象ですね。

 

 

ご参考までに、私が勤めていた結婚式場では、カメラマンの持ち込みは持ちこみ料を頂いてOKでした。しかし、ブライズルームは撮影NGと規制がありました。ただし、親族や友人が、たまたまプロだった場合は、お席を用意して、お食事と引き出物も用意するという条件で持ちこみ料なしでカメラマンOKにしていました。

 

 

お席を用意しても、プロのカメラマンさんは、お食事を食べる暇もないのでお料理は無駄になってしまいます。それを了承する代わりに、実際は外注なのを見逃すということです。(持ちこみ料ではなく、お食事と引き出物で利益を取っていたのでしょう。)

 

 

お知り合いが、たまたまプロだっただけですから、それくらいのやさしさがあってもいいような気がします!

 

 

 

交渉としては、

①なぜ、外注のカメラマンがだめなのか納得がいく理由が知りたい

②持ちこみ料を支払う気があるということ

③持ちこみ料をはらうのだから、式場サイドにも利益があること

④友人がたまたまプロであったこと。融通をきかせてもいいのではないか。

⑤他の式場では通常は外注OKのところが多いこと

⑥契約時に外注NGとは聞いていない

(強くでるなら、外注NGなら申し込まなかった位いっても良いかと思います)

⑦規約にも書いていない

(これは、規約を隅から隅まで読んでから言ってくださいね)

 

 

以上で、友人であるカメラマンに頼みたいという希望を強く言ってみてください。

 

 

ゆりさんたちにとっては、ご友人のカメラマンさんに当日を取ってもらうことが、理想の結婚式を叶えることになるのですから、希望を強く伝えることは大切です。

 

 

もし、それでもダメであれば、友人の席を設けるといってみてはいかがでしょうか?

(お食事・引き出物で式場サイドは利益がでます。)

 

 

これは、ゆりさん方にとっては、持ちこみ料以外に、お食事と引き出物の負担が増えてしまうので、最終手段と思ってください。(実際には、ご友人の方にお願いするとお心付も必要になりますもんね(>_<))

 

 

交渉のコツは、こちらの要望を通す代わりに少しは式場サイドの利益がでる提案をしてみることです。(今回の場合は、持ちこみ料を払うという姿勢で良いと思います)

 

 

それだけ、本来は友人なので必要のないところを、こちらは譲歩しているという姿勢で攻めましょう!

 

 

最初に聞いていないと、突っぱねることもできると思いますが、交渉が決裂した場合、式場サイドと険悪になる可能性もあることだけ念頭においておいてください。

 

 

そこまで強気で言ってもいいことだとは思います。

 

 

どちらを選ぶかはお相手様とご相談してみてくださいね!

 

 

最後に一点だけ、ご友人のカメラマンさんがOKになった場合、撮影場所のNGがなるべくないように交渉を忘れずにしてください(>_<)

 

 

少しでもゆりさんのもやもやが解消されますように♡

式場サイドから、よいお返事が聞けること、私も祈ってます(*^_^*)

何がございましたら、ご連絡くださいね!

 

★jukuseihanayome★

 

 

 

まとめ

 

結婚式場が、持ちこみNGとしているものに関して、持ちこみ料をまったく払う気がない姿勢での交渉はNGです。少しは、式場サイドに利益がでる提案で交渉をすることがコツです。

 

 

引き出物なら、引菓子は式場で頼むから他は持ちこみさせてとか。(この場合は、持ちこみ料はいらないという親切な式場もあります。)

今回の件でいえば、持ちこみ料を払うから、外注させてということですね。

 

 

式場サイドは、自社の利益がでないから持ちこみが嫌なんです。そのほかに、提携している業者からのマージンも取れなくなるので嫌なんです。そんな理由で、持ちこみをNGとしているものたちばかりであふれているのです。

 

 

でも、ご友人がカメラマンとか、親族がパティエとかどうしても、持ちこみNGでも、その方に頼みたい場合ってあると思います。この場合、本来は、持ちこみ料なしでOKよと言って頂きたいものですが、ひとすじ縄ではいかない結婚式場もあることを、今回知りました。

 

 

持ちこみNGでも、どうしても持込みをしたい場合どうするか?

 

 

多少の出費はでますが、結婚式場も利益も多少でるように考えて、お互いがWIN・WINになる交渉で、式場サイドの心を揺さぶってみてください。良いお返事が聞けるかもしれません。

 

 

 

—–

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です