結婚式を節約してもわからない?見積書で選んで大丈夫な項目教えます

この記事は、ID49です。

こんばんは。
「プレ花嫁さまのそばにもう一人のウェディングプランナーを!」をモットーに活動しているウェディングコンサルタントの【jukuhana】です。

 

まだまだ行きます!スペシャル企画!全部で13回!!
【これからブライダルフェアに行くあなたへ!間違いがないウェディング会場を探すコツを伝授します】

 

結婚式場見学には知識が必要です。単純に気に入った会場を選ぶだけと思って、何の知識もないまま、丸腰で(笑)見学に行っては、ウェディング業界の思うツボですよ!お2人にとって間違いのない結婚式場であること、ゲストにとっても間違いがない結婚式場であること、予算も自分たちに見合っていること、もらえる割引はしっかり貰うこと、そのためにしっかりとした事前準備が必要なのです!!!!

 

このブログをお読みいただいているプレ花嫁さまには、ウェディング業界に惑わされず、ライバルのプレ花嫁さまたちよりも、よりよいウェディング会場、よりよい見積書条件、よりよい日程で素敵なウェディング会場を探してほしいのです!!

 

スペシャル企画の大目玉。【結婚式の見積書】についてお伝えしています。見積書三回目は、【成約後に金額があがる可能性の見積書項目】についてです。

 

結婚式の初期見積書から、なんだかんだ言って打ち合わせごとに少なからず総額金はアップします。あれもこれも、やりた~いってなってると、あっという間に軽く100万アップするのは、あるある話です。

 

では、打ち合わせをする際にどんな項目がアップして、どこを抑えればいいのか?
この項目の選択を間違えてしまうと、節約したことがゲストにバレバレになってしまい、結婚式をケチったと思われてしまう原因となります。

 

とはいっても、できることなら結婚式の費用は抑えたいのが本音ですよね。

 

大丈夫です!!
見積書の中には、予算を抑えたからといっても、ゲストにはわかりずらい項目ってちゃんとあるのです。その場所さえ分かっていれば、上手に節約をしてゲストにも満足してもらえる素敵な結婚式が叶います!!

 

お勉強してるひととしてない人では、残念な結婚式になるのか、素敵な結婚式になるのかの分かれ目といっても過言ではありません!しっかり頭にたたきこんで、見積書と向かい合いましょう!!!

 

 

あがっても多少は目をつぶる、変動費用

 

みなさんご存じのとおり、ゲストはお2人の晴れ姿を見るのと同時に、お料理を楽しみにしています。お料理は、決してケチってはいけないところです。合わせて、フリードリングも種類は豊富に用意しましょう。お料理は、ゲストの記憶に残る大きな部分です。

 

これまで、まわりで結婚式の料理がしょぼかったって何度聞いた事か!メインがなぜかウナギだったとか(笑)、豚だったとか(笑)。

 

 

たいてい、そんな話題が出た後は・・・・

「○○ちゃんケチって結婚式したね~」

と、永遠にネタにされるほど、料理の記憶っていつまでもゲストの中に残るものです。

料理は、予算を削った感が一番リアルにゲストに伝わってしまうところであります。

 

 

次に、引き出物は、予算を削ってはいけません。

来て頂いたゲストへのおもてなしですから、それなりの予算で選びましょう。

 

 

想像してみてください!

 

 

とっても素敵な結婚式だった~とゲストが家に帰って、ほっと一息ついて引き出物は開けられるのです。

そこで、予算をケチったショボイものだったら、ちょっとがっかりしませんか?

それまで、よい結婚式のイメージも一瞬で残念な結婚式にすり替わるのです。

 

 

料理・引き出物は、ゲストへの最大のおもてなしです。

ここだけは、なにがなんでもケチらず行きましょう!!

言い換えれば、ここを予算アップしてれば、ほかをケチっても案外ゲストの記憶には残らないものです。

 

 

 

場合によっては節約可能な、固定費用

 

装花は、何度も言っていますが、かなり見積もりが上がると思っていた方がいいです。

ケーキ前装花・ナイフ装花・ヘアード・贈呈花束・受付装花などなど、沢山こまごまと金額は上がっていくのです。

 

 

衣装も、プラン外に追加が出る場合がほとんどです。

衣装の小物代やインナーウェアなどこだわればこだわるほど、金額が上がっていくようになっているのです。

和装になると、かつらだったり、綿帽子だったり、和装小物も結構バカにならない金額です。

花嫁様のドレスはこだわりたい!和装も着たい!なんて気持ちをわかってて、本当に嫌になりますね。

それが、ウェディング業界です(泣)

 

 

写真も、アルバム代が結構高いです。

ピンからキリまでありますが、アルバムは最低でも10万位はするんじゃないでしょうかね?

それに、データーがついたり、両親へのプレゼントのアルバムがついたり様々なバリエーションで結婚式場サイドは誘惑をし、お2人を悩ませることになるのです。

 

 

七五三や成人式にとるような、台紙についた写真(六つ切り・四つ切り写真)は、お2人以外に親御様にあげたり、親族に焼き増しをしたりと追加が発生する場合がほとんどですね。

 

 

演出は様々あるので、なんとも言えませんが、こちらも選ぶ内容によっては金額があがりますので要注意。

ただし、演出は映像関係を手作りしたり、クイズをしたり、サプライズをしたり、お金をかけないで行う演出もあります。

内容によっては節約が可能になります。

 

 

美容関係で必ず追加になるのは、メイクリハーサルですね。

こちらは、金額アップになっても必ずやる花嫁様がほとんどです。メイクや髪型がぶっつけ本番なんておそろしすぎます。

 

 

固定費用に関しては、本当にお2人の希望によって、金額があがります。

言い換えれば、お2人の希望次第で節約も可能ということです。

例えば、ペーパーアイテムや映像関係・ウェルカムボードなど手作りをして節約できる部分でもあります。最近は、楽しくDIYして、節約をおしゃれにしてるプレ花嫁さまも多いですもんね。

 

 

こだわるところはこだわって、妥協してあきらめることも肝心と心に決めて打ち合わせに臨むのが、あれもこれもとプランナーさんに勧められるまま金額がアップしないコツですよ。

 

まとめ

つまりは、ゲストにかかるお金はなるべく削らない!!という点につきます。
節約したいのであれば、自分たちにかかわる項目を選ぶのがコツ。確かに、ご自身たちの結婚式なので、やりたいことをやりたい!!ってお気持ちもわかります。でも、ゲストは意外とシビアにお2人の結婚式を見ていますよ。

 

◆参考記事◆
ゲストは見抜く!やりたいこととおもてなし比重を間違えるなかれ

 

あくまでも、ゲストの皆さんは、わざわざお2人のお祝いに来てくださっている、お2人がホスト役ということを忘れないでください。お2人がやりたい結婚式を叶えると同時にゲストを満足させることを常に考えることが、素敵な結婚式への近道です。
お2人がやりたいことと、ゲストにかかわる部分と、予算を抑えることを迷ったら、そこは迷わず、ご自身たちのところで予算の調整をしてみてください。

 

このブログをご覧のプレ花嫁さまは、お勉強熱心なので大丈夫だと思いますが、お2人がやりたいことだけを盛り込んだ、自己中心的なと呼ばれる残念な結婚式にだけはならないように気を付けてくださいね。

 

次回は、話を少し戻して、ブライダルフェアでの初めての見積書のチェックポイントをお伝えします。
なんだかんだお勉強したけど、実際に見積書がきたら焦ってしまいそう!!なんて不安を吹き飛ばす内容になっています!
ブライダルフェアの見積もりが重要!必ずチェックすべき項目はどこ?

◆スペシャル企画先取り!見積書のお勉強を進めたい方はこちらから!
結婚式の見積書の予備知識

◆スペシャル企画を最初から読みたい方は、こちらから
ブライダルフェアの準備って?後悔のない結婚式場を選ぶ為に必要なこと

◆これから結婚式場見学に行く方へ!!
結婚式場見学って何するの?チェックポイントからリアルが知りたい!

 

 

—–

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。