結婚式の持ち込み料って嫌な感じ!実は金額があいまいな理由と交渉術

この記事は、ID17です。

こんばんは。「プレ花嫁さまのそばにもう一人のウェディングプランナーを!」をモットーに活動しているウェディングコンサルタントの【jukuhana】です。

 

さて、今日はもやもや相談にお問い合わせいただいた内容をお伝えしたいと思います。

 

【持ち込み料が、地域やプランナーさん個人によってばらつきがでるのはなぜか】についてですが、ウェディング業界の嫌な面もお話することになるので、読みたくない方は次回お会いしましょう!

 

持込み料って、プランナーさんと打ち合わせしていても、なんで必要なんだろう??って思いますよね。これって、ウェディング業界特有のものの気もしますが、この持込み料でもやもやするプレ花嫁さまも多いと思います。

 

今回は、このウェディング業界の持込み料のからくりをぶっちゃけてしまいます!持込み料のからくりがわかれば、プランナーさんとの交渉もしやすくなりますよ。どうしても、持込み料がネックになっている場合の交渉についてもお伝えします!!

 

 

お問い合わせ内容

 

はじめまして。こりすと申します。いつも参考にさせて頂いております。

 

式場の持ち込み規制について質問よろしいでしょうか。
私はすでに5件の式場に見学に行きました。
式場は全国に系列店が多数ある会社も多いと思うのですが、同じ会社なのに持ち込み規制がまちまち、または個人によってもまちまちなのが納得行きません。
某P会社の関東にある会場はドレス・カメラマンが持ち込み禁止。もしやむを得えずすでにドレスを購入した、などという特別な場合は持ち込み料8万円です。と言われました。これは社内規定で決まっており弊社どこの会場でも一律です。と強く言われました。

ですが関西にある同じ系列の式場はドレス持ち込み料5万円、中には無料の方もいました。そしてカメラマンも持ち込みOKだったそうです。実際にそこで説明を受けた花嫁様から伺いました。これはどういうことでしょうか。とても不公平ですし、かなり強く言われたにも関わらず納得がいきません。

 

お時間ございましたらご教示お願い致します。

 

 

 

お返事

 

 

こりすさん

 

 

こんばんは。【jukuseihanayome】です。お問い合わせありがとうございます。また、お返事が遅くなってしまい、申し訳ありません。

 

 

今、結婚式場見学の最中なのですね!(^^)!

 

 

ご質問の件ですが、【結婚式場の持ち込み料の規制について】でよろしかったですか?

 

 

結婚式の持ち込み料って、正直業界の中でも不透明なグレーゾーンなところがあります。それは、結婚式場ごとに好きな項目を好きな金額設定で決めることができるので、各式場によって、持ち込み料にばらつきがでてしまうからです。

 

 

結婚式を挙げるお2人からしたら、持込み料って必要なくない?って思いませんか?あくまでも、結婚式場の利益の為、持込み防止のためにあるものと考えてよい項目です。それだけ、式場サイドも持ち込み防止、自社商品の利益追求に必死なのだと思います。

 

 

さて、本題の同じ系列の式場なのに地域によってと個人によってばらつきがある件ですが、まずは地域のばらつきから見ていきましょう。

 

 

地域のばらつきに関しては、正直仕方のないものかなと思います。

 

 

式場が立ってる立地によってかかる経費もかわりますし、競合する式場に対抗して、持ち込み料を決めていることが予測できます。

つまり、周りに立っている結婚式場の持ち込み料の相場と照らし合わせて金額を決めていると思われます。

 

 

次に個人によって、持ち込み料のばらつきがある点ですが、これは、その式場の特色がでると思います。

本当に、規律をしっかりしている式場であれば、持ち込み料のばらつきはでないと思います。

 

 

でも、実際は、プランナーさんによっては、あってもなくても正直いい持ち込み料で見積もりの操作をしている方もいることは事実です。

 

 

例えば、どうしてもカメラマンの持ち込みが式場決定の条件であれば、その持ち込み料をなしにしたり、割引をつければ決定してもらえると思えば持ち込み料を操作することは可能です。

もちろん、カメラマンをゲストとしてカウントして、料理引き出物はつけてくださいねと条件をだしたりして、利益がでるようには操作すると思います。

 

 

先ほども申し上げたとおり、持ち込み料は式場の持ち込み防止策で、いくらでも自由に金額設定ができるものなのです。

 

 

悲しいかな、担当したプランナーさんによって、きっちりと持ち込み料をもらう人、少しは融通をきかせてくれる人とばらつきがでてしまうのが

現状だと思います。

それが、本当に経営のトップに伝わっているかと言えば、たぶんそこまで経営者が把握しているとは思いません。あくまでも、個人レベルで行っていることだと思います。

 

 

その為、結婚式場が決まったらプランナーさんと良好な関係を築いてほしいと私はお伝えしています。プランナーさんも人ですから、少し甘えたら多少の持ち込み料をサービスして貰えたりなんてこともあるかもしれないからです。持ち込み料うんぬんよりも、信頼関係ができるとなにかと打ち合わせでも融通をきかせてくれるはずだからです。

 

 

同じ結婚式をあげるのに、担当したプランナーさん、地域によってばらつきがあるのは、確かに理不尽ですよね。

 

 

でも、それがウェディング業界です。

 

 

このことで、結婚式なんてもういやだ!!なんて思わないでくださいね。そのような気持ちになってしまうのは、とても悲しいです。

 

 

 

前回かなりきつくプランナーさんに持ち込み料のことを言われてしまったようですが、そんなに強気で言わなくてもと私も思います。もし、担当プランナーさんが不愉快なら、式場決定後は違うプランナーさんに担当して貰ってもいいかもしれませんね。

 

 

こりすさんは、何か持ち込したいものがあるから聞いたのですよね

 

 

ひとつご提案ですが、いまいちど式場を決定するまえに、持ち込み料についてプランナーさんとお話することをおすすめします。これは、式場決定するまえが有効な手段です。

 

 

ここの式場できめたいけど、○○を持ち込みすることが大前提なのだが、持ち込み料がネックになっていて決めかねている。と、プランナーさんの気持ちを揺さぶってみてはいかがでしょうか

あくまでも、同じ系列の式場ではいくらだったとかいう問題でなく、お2人が式場を決定するのに持ち込み料が問題なのだと伝えてみてください。持ち込み料の金額がかわらなくても、他で割引をしてもらえる可能性があります。

 

 

 

もし、このように伝えてもなにも状況が変わらなかったらごめんなさい。でも、何も言わずに、もんもんとしたまま結婚式場を決定するのは良くないです。

 

 

持ち込み料で、相手が譲らないなら、他で割引をつけてもらおうと視点を変えてみることも有効です。ダメ元で聞いてみるのもひとつの手ですよ(#^.^#)

 

 

こりすさんのもやもやが少しでも解消されれば嬉しいです。

 

 

結婚式の準備楽しんでくださいね!

こりすさんの結婚式が素敵な一日になること祈ってます♡

 

 

★jukuseihanayome★

 

まとめ

結婚式場の持込み料は、自社の商品を選んでもらうための式場サイドの持込み防止策といってよいです。
その金額やどれに持込み料がかかるのかというのは、地域や結婚式場によってまちまちで、もっと言えばプランナーさんによっても変わったりするので、とてもグレーゾーンであります。

 

本来は、結婚式場サイドは自社の商品を選んでもらえないのであれば、きっちりと持込み料を貰いたいというのが本音だと思います。しかし、プランナーさんや結婚式場によっては、どうしても持込みたいものがある場合に、多少の融通が利く場合があります。

 

どうしても持ち込みたいものがあって、その持込み料をなんとかしたい場合は、結婚式場を決める前に有効な交渉術があります。
結婚式場は気に入っているのだが、どうしても持込み料がネックになって決められないと正直に伝えましょう。

 

プランナーさんや結婚式場によっては、微々たる持込み料のせいで、何百万という1件の成約の逃すくらいだったら、その持込み料をどうにかしてくれるかもしれません。

 

もし、持込み料が割引にならなかったとしても、ほかのところで何かしら特典をつけてくれる可能性もあるので、ダメ元で交渉してみてくださいね!

 

 

—–

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です