だって人間だもの!プランナーさんにイラッとした時の対処法

この記事は、ID32です。

こんばんは。「プレ花嫁さまのそばにもう一人のウェディングプランナーを!」をモットーに活動している【jukuhana】です。

 

突然ですが、いまプレ花嫁さまの担当プランナーさんはどのような方ですか??
打合せはスムーズに進んでいますか??

 

おそらくこのブログにたどりついたプレ花嫁さまは、担当プランナーさんにもやもやした気持ちをお持ちなのではないでしょうか??

 

例えば、連絡が遅いとか、言うことが二転三転するとか、頼りにならないとか。本当は、よいプランナーさんばかりだったらいいのですが、そんな残念なプランナーさんがいるのも事実です。

 

結婚式の打合せは、プランナーさんとの信頼関係がとても大事です!!
もし、残念なプランナーさんが担当になってしまって、今もやもやしていることがあるのでしたら、ぜひこのまま記事を読み進めてみてください。

 

きっと解決の糸口が見えてくるかと思います。

 

それでは早速、今日は、楽しい結婚式準備の中でもまれにある【プランナーさんに不信感を抱いたときの対処法】をお伝えしたいと思います。

 

 

 

あれれ?とおもった時の対処法

 

打ち合わせをしていてプランナーさんにあれれ?と思う瞬間ってあると思います。

 

例えば、前回と言っていたことが違う。打ち合わせでお願いした事を忘れて話を進める。頼んでもいないものをやたらと押し付けてくる。お願いしたことの連絡が遅い。プランナーさん以外のほかの業者と打ち合わせした内容が、プランナーさんに伝わっていない。などなど。

 

言い出したらきりがありません。

 

怒りのポイントって人それぞれだと思います。この段階で怒りがマックスいく人もいれば、全然気にならないよ~なんて人もいたりして。

 

私は、すぐに「むむっつ!」って眉をひそめてしまいますが(笑)

 

ちょこっと、プランナーさんに不信感を持ってしまったら、その気持ち直接プランナーさんに伝えてみてください。この段階では、怒りレベル1~3位の前提の話ですから、プランナーさんとは今後も付き合っていく前提です。

 

そうなると、あまり角が立つ物言いでは、お互いにその後の打ち合わせが気まずくなりますので、ちょっと低姿勢でアプローチしてみましょう。

 

「こちらの勘違いかもしれませんが、以前○○とおっしゃっていたので、その通りに打ち合わせを進めてきましたが、今回違うことをおっしゃっていたので、正直混乱しています。私達としては、当初の○○のまま話を進めて行きたいと考えています。△△さんのことは信頼していますが、今回のようなことがあると大変不安になります。今後は行き違いのないように、打ち合わせを進めて頂きたく思います。」

 

みたいな?(すっごい低姿勢(笑))

 

言いたいことは伝えて、チクリとプランナーさんに釘をさしてください。プランナーさんの勘違いとか、ど忘れっていう単純なミスの場合が多いのです。少し、釘をさして様子を見ましょう。

 

こんなに低姿勢でお願いしているのに、これで、態度が変わるプランナーさんなら、こっちから願い下げです。その場合は、次のステップに進みましょう。

 

 

おいおい!どうなってんの?って時の対処法

 

一度はプランナーさんを信じて許したことも、何度も何度も同じ事を繰り返されたら、そりゃ切れますわ。

 

それは、こちらの問題ではなくてプランナーさんの問題です。もっと言えば、プランナーさんを教育できない結婚式場の問題です。迷わず、結婚式場の責任者、もしくは上司に言って、プランナーさんのチェンジを申し出ましょう。

 

だって、結婚式は大切なお金と時間をかけて、ゲストとお2人にとって最高の一日を造りだすのですよ。一生に一度の失敗の許されない日です。そのお手伝いをさせて頂いてる緊張感をもって仕事ができないプランナーさんに、これまでコツコツためてきた大切なお金と、大切なゲストのおもてなしをお任せできますか?

 

やはり、信頼できるプランナーさんでないと、お2人の気苦労が増えてしまって、結婚式の準備を楽しむことなんてできません。

 

でも、そんな事をしてしまったら、その後の打ち合わせに結婚式場に行くのが嫌だな~なんて思いませんか?

 

そう考える必要は、まったくありません!!!

 

結婚式場側からすると、プランナーさんのチェンジを申し出るとは、よっぽどの不手際があったと思います。ましては、さらにお2人に不手際があっては、結婚式自体をキャンセルされたらという不安につきまとわれます。だって、結婚式場の不手際でキャンセルってことは、キャンセル料だって全額貰えない可能性もでてくるのですから、結婚式場サイドも、お2人への対応は慎重になると思います。

 

だから、役職のついたプランナーさんにチェンジしたり、以前のプランナーさんとバッティングしないように気をつかったり、万が一同時刻に打ち合わせでも席が離れたところにするとか。そんな配慮をすると思います。

 

お2人は、何も心配をすることはありません。堂々としていてください。それでもお2人に嫌な気持ちにさせる結婚式場があったとしたら、そもそもが結婚式場自体のホスピタライティが低いと思います。

 

 

自己主張は大事

 

直接プランナーさんに、不信感を抱いても意見を言えなくて悩んでるプレ花嫁さまはいませんか?

 

とにかく、プランナーさんに遠慮は無用です。あれれと思ったら、直接なんでも聞いてみてくださいね。

 

プランナーさんも、「人間だもの」。忘れちゃうことや、うっかりしちゃうことってあると思います。本人も、沢山の担当を受け持って、わからなくなっているのかもしれません。

 

でも、プランナーさんにとっては、沢山いる担当カップルの1組かもしれませんが、お2人にとっては、たった1人のプランナーさんであることを教えてあげましょう。

 

大切な結婚式。
お任せするプランナーさんとの信頼関係がとっても大事です。
自己主張をきっちりして、プランナーさんといい関係を築いてくださいね。

 

こりゃだめだ~と思ったら、思い切ってプランナーさんチェンジを申し出てください。
業界ではあるある話なので、そんなに気に病むことはないですからね!

 

担当プランナーさんと上手に良い関係性を築くコツはこちらから↓↓↓
打合せのコツ!プランナーさんとのトラブルを回避するためには?

 

プレ花嫁さまを応援

結婚式準備で困ったことお悩みを抱えてしまったときは、お気軽にご相談くださいね♡

結婚式に必要なアイテムはかわいいくてコスパがいいのが断然いい!
かわいいすぐれもの集めてみました♡随時更新中♡

 

 

—–

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。