最悪な結婚式場を選ばないためには?チェックするポイントはどこ?

この記事は、ID26です。

こんばんは。「プレ花嫁さまのそばにもう一人のウェディングプランナーを!」をモットーに活動しているウェディングコンサルタントの【jukuhana】です。

 

今日は、【変なウェディング会社につかまってしまわない見極めポイント】をお伝えしたいと思います。とても夢のないお話をするので、読みたくない方は読まないでくださいね。

 

 

自社の挙式場やパーティ会場を持っている会社は、割と安定しているところが多いイメージです。しかし、会場スタイルによっては、利益第一主義で、利益がでたら、また新しい会場を立てては壊しを繰り返し様々な土地に点在しているウェディング会社もあります。

 

そう考えると、ホテルや老舗の専門式場はその地域に密着していて長年運営するところが多いですから、安定性があります。

 

 

少人数ウェディングの場合は特に注意が必要です。薄利多売で運営している会社もあります。○名○円ぽっきりなんてお得なプランに飛びつくと痛い目をみます。

 

要注意です!!!

 

では、ウェディング会社の、どこをチェックすればいいのでしょうか?
結婚式場見学に行った際に、こんなことがあったら、ちょっと疑ったほうがいいかもよ!というポイントをウェディング業界の裏話を交えてお伝えします!

 

最悪な結婚式場を選んでしまって、当日の結婚式が台無し!!なんて、悲しい花嫁さまが増えないように、ウェディング業界の方からおしかりを受けるようなぶっちゃけトークを、心を込めてお伝えします。

 

 

 

スタッフの接遇が悪い

 

これって、接客業なら良くてあたりまえの事だと思うんです。

でも、ウェディング会社の中には、電話番や受付担当がアルバイトってこともあります。

会社側としては、コスト削減も重要だと思いますので、それはそれで否定はしません。

 

 

しかし、それであれば、アルバイトにもきちんと接客マナーや言葉遣い・身だしなみや立ち振る舞いに関してきっちり研修をすべきだと思います。結婚式が、節目の大事な儀式であること、その大切な一日に携わるスタッフの責任の重さを教えるべきです。

 

 

新郎新婦からすれば、会場のスタッフがアルバイトだろうが、正社員だろうが関係ないのです!

携わるスタッフすべてが、その会場のスタッフなんですから、それ相当の接客を期待します。接客マナーやホスピタリティー精神が身についていることは、一日に何百万とかかる大切な儀式をとりしきる、ウェディング業界では当然のことなんです。

 

 

この意識が低い接遇が悪いスタッフがいるのは、結婚式の重みがわからないコスト削減重視の、薄利多売な会社な可能性が高いです。

 

 

 

プランナーさんの連絡が遅い

 

ウェディングプランナーという仕事は、一日に沢山のやるべきことがあります。

新規や打ち合わせの接客に入ったり、その事務処理をしたり、打ち合わせで決めたもろもろの発注業務をしたり。

それこそ、24時間あったとしても、たりないくらい忙しいのです。私も経験者ですから、わかります。

 

 

それを踏まえあえて言わせて頂きます。

 

 

カップルからの連絡に対して、即レスまでは求めません。

ただし、連絡があったその日のうちには、なにかしらのアクションをするべきです。

遅くなってしまって電話がダメならメールで、その日のうちに返答ができない内容なら、その旨を一報をいれる。

担当したカップルを不安にさせない対応を通常のプランナーはするのです。

 

 

この行動ができないってことは、常にプランナー1人に対する仕事量が多すぎて、仕事をさばききれていないプランナーが多い会社だと判断します。

どういうことかというと、1人のプランナーの受け持つカップルの件数が多すぎて、そこまでイレギュラー対応しきれていないという事。

1組のカップルにそんなに時間をかけず、流れ作業のように仕事を進めていく事しかできないという事です。

 

 

申し込みのカップルに対して、プランナーの数が少ない可能性が高いです。

そういう会社って、「プランナーを大切にしない→プランナーの負担が重くなるだけ→プランナーが常に疲れてる→プランナーの入れ替わりが激しい→ベテランプランナーまで育たない→プランナーのレベルの低下」と悪循環になってる可能性があります。

 

プランナーさんの参考記事はこちらから↓↓↓
第一印象が大事!ウェディングプランナーさんの見極めポイント

何を基準に決める?結婚式場見学で合わないプランナーさんだったとき

 

土日の打ち合わせの予約が取れない

 

新規来館の予約であれば、どこのウェディング会場も早く来館してもらって、早く成約してもらいたいってところがほとんどです。

 

 

それが、先の来館予約しかできないってことは、プランナーが不足している可能性が高いです。

 

 

プランナーが不足してるってことは、成約後の打ち合わせも満足に対応して貰えない可能性が高いです。

 

 

脅迫めいた即決を迫る

 

こんな会社本当にあるんだろうか??いまだに疑問ですが、噂には聞いたことがあります。

「今日決めないと、その後に来られても対応できません」と言っちゃうプランナーがいる会場もあるってこと。

 

 

それって、脅しですか?(笑)って感じですよね。

 

 

今日決めようが、後から決めようが、そんなのこちらの自由じゃないですか!

何を言っちゃってるんでしょうね(笑)なんかの悪徳商法みたいですね(笑)

 

 

おそらく、そこまで切迫して即決を迫るプランナーがいる結婚式場って、プランナーさんの成約件数のノルマがきついんじゃないですかね。まぁ、プランナーさんの人柄って問題もありますけど。

 

 

こういう、利益第一優先主義の会社って、後から打ち合わせでもぐいぐい単価アップさせられて、あっという間に見積書があがってしまう可能性が高いです。

もちろん、打ち合わせのノルマとかありそうですもんね。私だったら、避けますね。

即決特典を上手に利用する為の参考記事はこちらから↓↓↓
結婚式の即決を後悔したくない!狙われる時から上手な利用方法まで!

 

キャンセルの規約の記載がない・きちんと説明をしない

 

キャンセルの説明をするしないは、そのプランナー次第だと思いますが、キャンセルの規約が記載されていない場合は、ちょっとまったです!

 

 

通常は、どんな申込みに対しても、キャンセルについての記載があってしかるべきです。

(旅行などでも、申し込みには必ず書いてありますよね)

 

 

いや、たぶん、どこのウェディング会社も規約にはきっちり書いてあると思います。

書いてないところは、おかしいです。確実に変な会社だと思っていいと思います。

 

 

申し込みの時に、考えたくなことですが、キャンセルの規約はきちんと確認してくださいね。

後あと、万が一の時にトラブルのもとになります。

 

 

ブライダルローンをやたらと勧める

 

これって、まだあるのかな?ブライダルローン。

一時期、ゲストハウスが出始めたころかな、このブライダルローンが問題になったことがあります。

今はどこのウェディング会場もやってない気もするけど、念のためお伝えしておきます。

 

 

結婚式は、ゴールではありません。

新しい人生の門出となるスタートラインです。

 

 

新しい人生のスタートをあえてマイナスからスタートする必要はないと、私は思います。

 

 

そこを、ぐいぐい勧めてくる会社って、申し込みをさせることに執着して、利益にばかり目がいっている印象です。

お2人の事なんて、まったく考えてない冷たい会場だと思います。

 

 

長々とお話しましたが、そんなにそんなに、最悪な結婚式場ってないと思います。

あんまり怖がらないでくださいね!

 

 

結婚式場のほとんどが、お2人の結婚式の為に尽力を尽くそうと思っているスタッフであふれていると思います。私も、そう信じたいと思っています。でも、そんな素敵な結婚式場の陰に隠れて、最悪な結婚式場もまぎれてるのも事実なんですね。

 

考えたくはないけど。

 

 

口コミを見たり、情報収集をして、実際に自分の目でみて、すこしでも、あれ?これって変だな?と思ったら、自分の直感を信じて動きましょう!(あくまでも個人的な意見なので、ご参考までにお願いします~)

ブライダルフェアに丸腰で行ってはダメ!きちんと知識を持って臨めば怖くない!
今や常識のおさらい情報から、見積書の正しい見方や交渉術までまるっとお話ししています!ブライダルフェアに行く前のお勉強、計13回の始まりはこちらから↓↓↓
ブライダルフェアの準備って?後悔のない結婚式場を選ぶ為に必要なこと

 

プレ花嫁さまを応援

結婚式準備で困ったことお悩みを抱えてしまったときは、お気軽にご相談くださいね♡

結婚式に必要なアイテムはかわいいくてコスパがいいのが断然いい!
かわいいすぐれもの集めてみました♡随時更新中♡

 

 

 

 

 

 

 

 


 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です