【ブログ内花嫁会】和装ブライズメイドで華やかに!おもてなし和婚卒花さん①

この記事は、ID109です。

こんばんは。「プレ花嫁さまのそばにもう一人のウェディングプランナーを!」をモットーに活動しているウェディングコンサルタントの【jukuhana】です。

 

 

みなさま、お待たせしました!!!

先日から、スペシャル企画、【ブログ内花嫁会!卒花さんのリアルな声聞きたい!】を開催しています~

 

 

今は、ネットで検索すれば、いろいろなサイトで口コミをみて情報収集できる時代です。

でも、中には、結婚式場からプレゼントをもらってよい口コミを書いている人ばかりのサイトもあります。でも、それって本当に、花嫁さまのリアルな声じゃないですよね。

 

 

私は、今はウェディング業界の人ではないですし、結婚式場とプレ花嫁さまの中立な立場でいたいと心がけています。

(どちらかというと、プレ花嫁さまよりのアドバイスが多くなってますが(笑))

 

 

まったく、ウェディング業界と関係がない私の卒花さんへのアンケートは、みなさんとても正直にかつ誠実にお答えいただいています。そういう意味では、どの情報サイトよりリアルな卒花さんの声が聞けたのではないかと思っています。

 

 

結婚式の準備の最中って、意外と孤独ではないですか?

お相手様は、乙女心がわからなかったり、非協力的だったり、仲の良い友達に相談したくても結婚式に招待するからネタバレしたくないって思ったりしますよね。

 

 

そのような中、先輩花嫁さまの結婚式の準備の実体験を聞くことは、プレ花嫁さまにとって心の安定剤になること間違いなしです!

 

 

先輩花嫁様が、結婚式の準備をどのように楽しんで、何が大変だったのか、ご自身と照らし合わせてぜひご参考にしてください。

最後に、先輩花嫁様から、プレ花嫁さまへの実体験に基づく応援メッセージがあります!!!

 

 

では、早速先輩花嫁さまのご紹介です!

 

 

 

 

卒花さんのご紹介

 

今日お話を伺う、卒花さんは、たここさんです。

 

 

たここさんは、料亭での結婚式。挙式は人前式で、季節は秋挙式です。人数は47名です。

結婚式のテーマは【特にないけど、しいていえば穏やか!】です。

 

 

たここさんは、とにかくゲストを大事にして少人数の和婚がしたいという思いがとっても素敵な方です。ゲストへのおもてなしをとても大切に考えていることが伝わってきます。

 

 

中でも、たここさんが絶対にやりたかったのが、「和装ブライズメイド」です。

大切な友人と一緒に盛り上がりたい!男性ゲストの多い中で華やかさをだしたいという思いからです。未婚の友人達にも一緒に楽しんでもらいたいという、たここさんのお人柄が垣間見れる素晴らしいアイデアだと思います。

 

 

パーティでは、サプライズ入場をしたり、鯛めしをふるまったり、とてもアットホームな素敵なパーティをされていて、こちらまで微笑んでしまう温かな結婚式です。

 

 

たここさんのブログは、当日レポ中です!

ブログでは、準備中の記事の最後に挙式後に良かった点や反省点など、挙式後の追記としてしっかりと書かれているので、プレ花嫁様の参考になると思います。

たここさんのブログはこちらから

 

 

では、早速たここさんにインタビューしていきましょう!

 

 

 

結婚式場を決めるまで

 

Q: 何件くらい下見にいきましたか?
4件目で決めました。

 

 

Q:どのような基準で見学する結婚式場を探しましたか?
和装によく合う、お庭がある、新幹線からのアクセスが良い

 

Q: 結婚式場を探すのに利用したサイト・雑誌などあれば教えてください。
みんなのウエディング(サイト)。契約後の値上がりやサービスの質について詳しく載っているので、気になる式場はくまなくチェックしました。

 

Q:下見の時に重視してチェックしていたことを教えてください。
お料理のおいしさ、スタッフさんの落ち着き

 

Q:今の結婚式場で決めた決め手を教えてください
ゲストを大切に扱ってくれそうな、スタッフさんの心地よいお気遣い

 

Q:結婚式場をこれから探すプレ花嫁さまに何かアドバイスがあればお願いします。
割引を前面にだしてくる式場は、(それしかアピールポイントがないのかな?営業さん切羽詰まって、つらいのかな?と)少し疑った方がいいかもしれません。

 

 

結婚式準備について

 

Q:結婚式の準備で楽しかったことは何ですか?
ブライズメイド関連の準備。友人たちの笑顔を想像しながら、振袖と美容院を手配した時が(自分の衣装決めよりも)ワクワクしていたと思います笑

 

Q:結婚式の準備で大変だったことは何ですか?
彼の非協力です…
週末婚のうえ、私が式準備係、彼が新婚旅行係と分担していたため、ゲストの一覧の確認や引き出物選びについて彼側の分を進めるよう言っても全然動かず、私一人であくせくしがちでしたまた一緒に準備を進めていないので、「外注司会者さんが決まった!」等何か決まっても喜びを共有できず、意見のすり合わせをするつらさもなければ楽しさもなくて何度も心が折れそうになりました。

 

Q上記の大変だったことをどのように乗り切りましたか?
休日に会う時に、遊びに行く前に今日はこれ決めてからね^^とやんわりと式準備に割く時間を確保しました。式の準備は妹に相談+ブログに掲載することで、孤独を感じずに済みました。

 

Q結婚式準備でこだわったこと・気を付けていたことはありますか?
自己満足にならないように、「ゲストと一緒に楽しめるか」を重視しました。
余興はすべてゲストと触れ合えるものにしたほか、特に未婚の女友達は式に出るのが精神的につらい面もあるだろうと思ったので、かわいい着物を用意して一緒にたくさん写真を撮って楽しむ時間を設けました。

 

Q準備期間中にマリッジブルーになりましたか?
特にないです

Q:結婚式準備で、ここは妥協して正解だったという項目はありますか?
衣装(お色直し。)色黒で白無垢が似合わないのと、色んな色の私を見てもらうための費用は不要と考えて色打掛だけしか着ませんでした。その結果、ゲストとのふれあい時間と食べる時間を生み出せて満足できました。

 

Q:DIYしたものはありますか?
リングピロー。一瞬しか出なかったので、今思えば指輪購入時の箱で充分だった気もします。
席次表。手元のみほんを参考に、PCで自作し印刷所で印刷しました。(私はいとこの式で配布されたものを見ながら作成しました。)とても安いし、(一枚70円くらい)、直前でのゲストの修正にも自分で対応できるので、大きなこだわりがなければDIYがおすすめです。

 

Q:最終的にこれは節約になったなと思うことはありますか?
料理。ランクアップ+オプション2つをプラスしたい旨伝えて、「セット割のようなものありませんかね^^」と正面から交渉したところ、本来の価格から数割下げてくれました。
またjukuhanaさんのブログを参考に、「○○使用料」と記載されているものはとりあえず割引が効かないか確認しました。

 

Q:結婚式の準備で参考にしたサイトや雑誌・業者などあれば教えてください
みんなのウエディング(サイト)

 

 

 

見積書について

 

Q初期見積書から最終見積書の金額に差額はでましたか?増減をおしえてください。

ほとんど変わりなかったです。

初期見積りで必ず必要なものは入れて作成して貰っているのと、必要なものがプラン内になっているプランだったこと、割引が絶対必要なところについていたからです。料理のグレードアップは値引交渉でお安くしてもらっている点からか、写真、映像機材を追加してもさほど変動はありませんでした。

なにより、衣装を一点にしている点が、見積書の変動を少なくしていると思います。

 

 

Q:見積書の金額を予算内にするために気を付けていたことを教えてください。
ほとんど全ての項目で持ち込み料を確認し、持ち込んでもトータルで安い方を選ぶようにしました。また、招待状など持ち込めるけれども式場に頼んでもそんなに高くはないものは割り切って式場で頼むことで、金額が大きいもの(衣装など)の手配に時間を割くことができました。

 

 

 

 

 

とっても素敵な和婚式をした、たここさんへのインタビューはまだまだ続きます!

次回は、スタッフの対応に関してや、プレ花嫁さまへの応援メッセージもあります。

お楽しみに!

 

 

 

—–

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です