【ブログ内花嫁会】ムービーはここまでこだわれる!!ディズニー大好き卒花さん①

この記事は、ID107です。

こんばんは。「プレ花嫁さまのそばにもう一人のウェディングプランナーを!」をモットーに活動しているウェディングコンサルタントの【jukuhana】です。

 

 

今日も、どんどん飛ばしていきますよ!

先日から、スペシャル企画、【ブログ内花嫁会!卒花さんのリアルな声聞きたい!】を開催しています~

 

 

今は、ネットで検索すれば、いろいろなサイトで口コミをみて情報収集できる時代です。

でも、中には、結婚式場からプレゼントをもらってよい口コミを書いている人ばかりのサイトもあります。でも、それって本当に、花嫁さまのリアルな声じゃないですよね。

 

 

私は、今はウェディング業界の人ではないですし、結婚式場とプレ花嫁さまの中立な立場でいたいと心がけています。

(どちらかというと、プレ花嫁さまよりのアドバイスが多くなってますが(笑))

 

 

まったく、ウェディング業界と関係がない私の卒花さんへのアンケートは、みなさんとても正直にかつ誠実にお答えいただいています。そういう意味では、どの情報サイトよりリアルな卒花さんの声が聞けたのではないかと思っています。

 

 

結婚式の準備の最中って、意外と孤独ではないですか?

お相手様は、乙女心がわからなかったり、非協力的だったり、仲の良い友達に相談したくても結婚式に招待するからネタバレしたくないって思ったりしますよね。

 

 

そのような中、先輩花嫁さまの結婚式の準備の実体験を聞くことは、プレ花嫁さまにとって心の安定剤になること間違いなしです!

 

 

先輩花嫁様が、結婚式の準備をどのように楽しんで、何が大変だったのか、ご自身と照らし合わせてぜひご参考にしてください。

最後に、先輩花嫁様から、プレ花嫁さまへの実体験に基づく応援メッセージがあります!!!

 

 

では、早速先輩花嫁さまのご紹介です!

 

 

卒花さんのご紹介

 

今日ご紹介する卒花さんは、Mさんです。

 

 

Mさんは、ゲストハウスでの教会式、季節は夏の結婚式です。人数は80名で、結婚式のテーマは【ディズニー&シンデレラ】です!!

 

 

Mさんは、ゲストの方に、「この結婚式楽しかったな~」と帰りに思ってほしいという強い想いがありました。

夏の結婚式ということで、ゲストへのアクセスを重視したり、足が不自由なおばあさまのためにバリアフリーの会場をさがしたりと、結婚式場探しの時から、ゲストの配慮を欠かさない、思いやりのある素敵な方です。

 

 

Mさんは、ご主人様も積極的に準備に参加してくれたようです。その為、二人でTO DOリストを作って、挙式前の忙しさを二人で共有をして乗り越えました。

 

 

ご主人様のこだわりのプロフィールムービーは、プロ顔負けです。

ご主人様がギターを弾き、Mさんはフルートで伴奏!!曲の歌は、ご主人様で、Mさんは、はもり担当と、オリジナリティー満載です。

きっと当日ものすごく盛り上がったことでしょう!

 

 

ディズニーが好きなMさんは、BGMにもこだわっていましたよ。ダッフィーとシェリーメイのウェルカムドールは、タキシードとドレスを着せていました!!

なにより、ご主人様とMさまはとっても仲良し!準備のやりとりもとっても微笑ましいです。

 

 

Mさんは、結婚式の準備について、とても丁寧にお答えいただいているので、プレ花嫁さまのご参考になること間違いなしです!

早速、Mさんにインタビューしていきましょう~

 

 

 

結婚式場を決めるまで

 

Q:何件くらい下見にいきましたか?

1件目で決めました。

Q: どのような基準で見学する結婚式場を探しましたか?

非現実的な場所で憧れの土地であることを基準に選びました。写真好きである主人の意見も参考に,白を基調としている会場や自然光が入る会場を重視しました。私自身が,ドレスを着るなら「ジルスチュアート」と決めていたので,その条件を入れると必然的に会場が絞られました。

 

 

Q:結婚式場を探すのに利用したサイト・雑誌などあれば教えてください。

結婚が決まりまず購入したのはゼクシィです。主人とイメージを共有するために使いました。個人的に見ていたのはゼクシィアプリ。ツイッタ―のマリー、ハナユメのアカウント。インスタグラム,ピンタレストも見ていました。
書店では,結婚式に関するコーナーの知識本から装飾コーディネート,ヘアメイク等読みあさりました。

 

 

Q:下見の時に重視してチェックしていたことを教えてください。

下見の時にはアクセスがいい場所かどうか重視しました。

夏婚なので駅から徒歩の時間は気にしました。また足が不自由な祖母を呼ぼうと考えていたので,バリアフリーかトイレ介護ができる(車椅子が入れる)広さかどうかなど見ていました。また自分たちがここで結婚式を挙げるイメージが湧くか考えました。

 

 

Q:今の結婚式場で決めた、決め手を教えてください

決め手は,バリアフリーであること。受付,チャペル,ガーデン,挙式会場の移動距離が短い中,それぞれの場所での装飾や演出が幅広くできることです。
会場見学の中でチャペルを見せていただきました。参列者が座る席で見たチャペルムービー(お父さんへのラブレターというムービー)で思わず泣いてしまいました。チャペルへの憧れをあるものの,父に「一緒にバージンロードを歩いてほしい」と素直に言えませんでした。バージンロードの意味,ムービーの力をお借りして「一緒に歩いてほしい」と伝えることができることはよかったですね。

 

 

Q:結婚式場をこれから探すプレ花嫁さまに何かアドバイスがあればお願いします。
会場見学はデート気分で楽しんで探してみてください。列席者目線で見れる会場って大事だと思います。どんな結婚式をあげたいか,大事にしたい雰囲気やキーワード等の拘りがあればあるほど、しぼりやすいかと思います。(とくにドレスのブランド)
何を始めていいか分からないという場合は「○○な結婚式は嫌だ」と書き綴ってみてください。実はその反対がやりたい結婚式のイメージに繋がると思いますよ。

 

 

結婚式の準備について

 

Q:結婚式の準備で楽しかったことは何ですか?
ドレスの試着の時間はとても楽しかったです。お姫様になった気分でこれはプレ花嫁の醍醐味だと思います。あとプランナーさんとの打ち合わせの時間。仕事帰りの平日夜に打ち合わせをしているのに,疲れるというより毎回楽しみにしていた時間でした。私自身,企画していくこと・話すことが好きなので少しずつ夢が実現していくことは最高に楽しかったです。

 

Q:結婚式の準備で大変だったことは何ですか?
主人の分も招待状の準備をしたことです。早めに準備したい私とのんびりしている主人の価値観の違いがぶつかって大変でした。よく聞く話だと思いますが,主人の分も用意するということは招待客の住所や名前全て把握する必要がありますよね。その情報がないまま,招待状の時間が刻々と迫ってくることはとても苛立ちを感じました。

 

 

Q:上記の大変だったことをどのように乗り切りましたか?

招待状は,主人に「招待状書くから,宛名の情報教えてねと適度に催促しました。

 

Q:結婚式準備でこだわったこと・気を付けていたことはありますか?
主人拘りのプロフィールムービー作成。カメラ二台使って,野外でムービー撮影。主人と私の歌,楽器だけではなく,主人友人のバンド演奏のレコーディング。そして写真や効果を入れていく編集作業。曲作りや編集作業の舞台裏を見た気分になりました。編集作業中の曲を聴きながら寝る日々が続きました。結婚式1週間前までにはムービーを提出していましたが主人の拘りは続き,結婚式前夜まで納得がいくまで編集していましたね。

 

彼の拘りなので,手伝ってほしいと言われたことだけ(撮影,歌,演奏,写真抜粋)付き合いました。編集作業は見守るようにしていました。もちろん意見を求められれば答えますけど,編集作業の音は少し我慢していました。主人が自主的にやりたいと言ったことなので,「その自主性は大切にしよう」という様に自分に言い聞かせていました。

 

 

Q:準備期間中にマリッジブルーになりましたか?

準備期間中にマリッジブルーにはなってないですね。むしろ楽しかったので結婚式が終わってからの方が寂しい気持ちになりました。

Q:結婚式準備で、ここは妥協して正解だったという項目はありますか?
ペーパーアイテムをDIYせず招待状を既存のもので注文した事ですね。手作りすれば節約になったと思いますが,作成する労力や時間は大変だったと思いますので。

 

Q:DIYしたものはありますか?
ウェルカムスペースに飾る小物です。ペーパーナプキンで花をたくさん作って飾りました。

 

Q:最終的にこれは節約になったなと思うことはありますか?
式場見学の際に当日契約した特典でしょうか。

チャペルムービーやチャペル装飾,披露宴でのドリンク代がついたので節約になったかと。また披露宴のナプキンをディズニーキャラクターの折り方にしてほしかったのですが、少々値段が張るので諦めていました。そのことを知った式場のスタッフの皆様がサービスで折ってくださいまいした。とてもお得な気分になりました。

 

Q:結婚式の準備で参考にしたサイトや雑誌・業者などあれば教えてください
ゼクシィ,アメブロ。ウェルカムドールの衣装作成でミンネの作家さんにお願いしました。

 

 

 

見積書について

 

Q:初期見積書から最終見積書の金額に差額はでましたか?増減をおしえてください。

差額はありましたね。増えました。

 

Q:見積書の金額を予算内にするために気を付けていたことを教えてください。
あれもこれもと欲張らず,優先順位で考えたことでしょうか。特に装花では,プランナーさんにあった方が良いもの,なくていいと思うものを教えてもらいました。

 

 

 

いたるところに、こだわりと思いやりが詰まっている、Mさんのインタビューは続きます!

明日は、スタッフの対応についてや、プレ花嫁様への応援メッセージがあります。

お楽しみに~

 

 

 

 

—–

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です